春を先取り!冬でも楽しめる花さんぽスポット3選

日本一早い梅を見に行こう!静岡県熱海市

静岡県の熱海で楽しめるのが、日本一早咲きの梅です。11月下旬から12月上旬に第一号の梅の花が開き始め、早咲き→中咲き→遅咲きと順番に開花するので、長い期間楽しめますよ。毎年、1月中旬から3月上旬にかけて梅まつりが開催されます。期間中の週末には大道芸披露や歌謡ショーなどの様々なイベントが行われたり、足湯や土産店などがオープンし、多くの人で賑わいます。ピンク色の可愛らしい花びらと、甘酸っぱい梅の香りを嗅げば、きっと一足早く春の訪れを感じるでしょう。

花畑ドライブを楽しもう!千葉県南房総

1月から3月にかけて、様々な花が見ごろを迎える千葉県の南房総。ヤシの木が立ち並ぶ海沿いの道をドライブすれば、色とりどりの花に出会うことができます。中でも、黄色やオレンジのカラフルな花びらが可愛らしいポピーと、辺り一面に黄色の絨毯を織り上げる菜の花が見られることで有名です。季節を問わずに花やハーブなどを楽しめるフラワーパークもあり、海を眺めながらお花摘みをしたり、ハーブを使った小物作り体験、めずらしい南国フルーツを味わったりなど、様々な楽しみ方ができますよ。

グルメも夜桜も楽しめる!静岡県河津町

本州でも早咲きの桜が楽しめるのが、静岡県の賀茂郡河津町です。2月上旬から咲き始め、開花から落花まで約1ヶ月と見頃が長い桜としても知られています。開花時期に合わせて桜まつりが1ヶ月間開催され、約150軒の出店が並ぶほか、踊り子との記念撮影やもちつきなどの限定イベントも行われます。さらに、夜には夜桜のライトアップもされ、昼間とはまた違った幻想的な雰囲気も楽しめますよ。大きくて濃い桃色をした見応えある花びらが、河津川沿いを中心に約8000本咲き並ぶ様子は、圧巻の美しさです。

フラマイレーツとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です